輸入ビジネスにおいてスピードは信頼と利益を得る最重要事項

 

この輸入ビジネスを実践して身に染みてわかります。

 

スピードを意識しないと負けることが。

このビジネスの体系は転売です。

海外から仕入れよう国内から仕入れようが転売に変わりはありません。

①安く仕入れて

②高く売る。

それだけです。

 

上記二つが成功しはじめてお金が生まれます。

どちらか一つでは失敗です。必ず損失が出ます。

 

 

今回は②を重視します。

 

 

高く売るためには戦略が必要です。

 

・ニッチな商品構成

・直前6カ月で15%の

 下落回数と頻度による選定

・納品スピードでの差別化

 

などが挙げられます。

 

 

この中で一番改善しやすいのは

スピードです。

転送会社での保留期間を無くし

供給量が増える前に高く売りきる。

当たり前のようですが

私同様初心者の方は軽視する傾向にあります。

たとえ10個だけであろうとも

利益が出るなら転送するべきです。

 

もちろん仕入れの時点で

厳密な利益計算が出来てる前提です。

 

加えて自宅もしくは事務所に

保留する時間も徹底的に減らすべきです。

何としてでも今日の便に積み込んでもらえるように

迅速に納品プランを作成するべきです。

 

最寄りの郵便局に今日の便の

最終集荷時間など聞いておくと

いいかもしれません。

 

私は特別に夕方1時間

伸ばしてもらっています。

 

郵便局の方と良好な関係を

結ぶことも必要です。

今の夏場だと冷たいコーヒーが喜ばれます(笑)

媚びを売ろうと上辺の関係であろうと

関係はありません。

これはビジネスの一環です。

本日の便に積んでくれるなら

コーヒーなんて安いもんです。

 

スピードを突き詰め

初心者ながら出来る差別化を行っています。

 

 

②高く売る

これは簡単ではありません。

参入障壁がないに等しい輸入ビジネスが

今現在も成り立っているのは

新規参入者が②が出来なくて

利益が出ず早々に撤退していくからです。

 

 

またスピードは信頼関係を築く必須事項だと思います。

 

メーカーや卸、ショップに直接メールするとします。

このレスポンスが早い会社に

ほとんど悪い会社はありません。

 

それに対してこちらも

早く返す必要があります。

そうすれば意欲的に交渉にきているなと

思わせることもできます。

 

まあ海外は時差がありますので

何とも言えませんが

2日以内で何かしら返信がきたら

優良会社です。

5日以内でしたらまあ大丈夫です。

 

 

日本の会社は2日以内に返信来なかったら

取引自体やめたほうがいいです。

休日など挟めば話は違いますが。

 

 

スピードは利益と信頼を築きます。

少し見直すだけでも差別化できるかも!?

 

 

※この話は私の主観です。

 

いちいち突っ込んでくる

ハエを寄せ付けない魔法の言葉です。

 

 


輸入・輸出ビジネスランキング