プロフィール

ジンって何者!?

初めまして、管理人のジンです。

九州のド田舎出身。方言が強い22歳(1996年生まれ)

大学に入るも1年で退学になりバイト掛け持ちの日々で毎月カツカツの生活を強いられ何も目的無く路頭に迷っていました。

何かで成功してやる!と粋がっていましたがアイデアが出ず、結局何をやっていいのか分からず居酒屋のバイトばかり...かなり人生に嫌気が。

とりあえず経済の勉強だなと考え、都内の私立大学に潜り経済と心理学、数学を学びました。これといって面白くなかったので半年間で行かなくなりましたが(笑)

輸出梱包バイトでのきっかけで輸入ビジネスに可能性を感じ、貯蓄無しの状態だったけど思い切って始めてみました。

関連記事:そもそも輸入ビジネスって何!?誰でもわかるように解説してみた

 

2017年1月に輸入事業を開始し現在は月商650万利益125万突破

(2018年8月 現在)

目標・野望

 

第一の目標は2018/3までに月間営業利益100万

結果はこちらの記事で公開しております。

輸入ビジネスに参入して、月利益100万を達成する人は1割もいませんが

 

「20代前半、初期資金なし、初期クレカ枠20万、コンサルなし、コミュニティにも属さない」

 

このオプション付きで利益100万達成する人は、その割合よりもさらに少ないと思うのでこのオプションに拘り続け月間100万の利益を目標とします。

関連記事:月利100万にこだわる3つの理由

 

輸入ビジネスは基礎がしっかりしていれば安定して無理せず利益を確保できますので、月200万以上の利益を25歳までに達成することがおおよその目安です。

 

そして物販で稼いだ種銭で農業ビジネスを大きく展開していこうと思います。

 

過程なんてどうでもいい、大事なのは結果だけです。

 

生い立ち

中学・高校・大学

中学は入学当初は惰性で過ごしていました。部活も顧問と喧嘩して辞めさせられ、ただただ面白くない学校に行き寝て帰る生活でした。

中2の時ひょんなことから警察にお世話になり、退学の危機に陥りますが当時の校長が休日登校と奉仕活動という軽すぎる処分で助けてくれました。当時の校長と私の両親が仲良かったのはお墓まで持っていきます(笑)

それから休日はずっと校長室で数学の勉強をしてました。

それがきっかけで勉強にドはまり!!宿題以外にも問題集を買って夜中までずっとニヤニヤしながらやってました。理数中心に偏差値が伸び校内では110位→15位/180人まで成績が上がり卒業を迎えました。

高校もその熱は冷めず、むしろ勢いを増した感じです。高校はバスケをしながらでしたので上手に勉強の時間を取ることに慣れていき効率的な勉強法も自分なりに出来上がってましたね。

高3で部活を引退した後は平日5時間休日12時間は勉強していた気がします。週1日は完全休みにして遊びに行ったり運動したりはしてたのでストレスなどは全くありませんでした。

瞬間的に何度か校内10位は入っていましたがアベレージ20位といったところでしたね。

受験期の偏差値は英国社60弱、理数が72程度でしたので難関大学以外なら狙える範囲でした。確か大学は九州大学、千葉大、東京理科大らへんで迷ってました。

するとある日教育指導の先生から「県内2名の防衛大推薦枠に本校から君を推薦したい」と言われます。いや~かなり迷いましたが、あの時助けてくれた中学校長の出身大学ということが分かり受けるだけ受けてみました。

県内では2名枠に対し48名の志願者がいましたが

4教科学力、身体検査、運動能力テストの末

 

...何故か受かりました(;;;՞;ਊ՞;;)

 

県内推薦には合格できましたが次は防衛大の推薦試験です。過去問や類似問題を解きまくったりネクストステージ(笑)で英語の対策をしたりしていざ試験へ!!

 

...何故か受かりました(;;;՞;ਊ՞;;)

 

んで防衛大学に入学。

遠泳や登山訓練は意外と楽勝で、先輩も女紹介で抱き込んで良好な関係は保てていました。

1年生の時は外出時、制服で外に出ないといけない決まりがあり破るとかなり厳しい処分を受けます。しかし先輩を抱き込んでいたので着替える場所や私服、比較的安全な場所までの付き添いなどしてくれました。おかげ様で休日は楽しく娑婆での生活を送っていました。

全ては女紹介料です(これリアルな話)

なんだかんだ1年過ごしていよいよ後輩が入ってきてシバこうと意気込んでいましたが、突然の悲報...

1年2カ月で服務違反を理由で防衛大を強制退学。トホホ(;´д`)

 

輸入ビジネスとの出会い

大学を辞めさせられバイト暮らしがスタートし、ウエイター、居酒屋、引っ越し、カラオケなど様々なバイトをしました。

レストランで一緒に働いていた女性に他のバイトは何をしているのか聞いたところ輸出の会社で梱包をしているとのこと

 

面白そうだし紹介してもらい面接後採用してもらいました。

最初は梱包作業で、数日後リサーチ部門に回されるがしかし条件に合う良い商品が見つからない...全然見つからない。

指示された海外の販売価格が高い商品をリサーチしてましたが、海外の方が安い商品しか見つけれず。

 

「このバイトも上手くいかないや~来週には辞めよう^^」

 

当時は働くことさえめんどくなりバイトも3日でバックレまくってたヤバイ時期でした。

 

しかしその日の帰りの電車の中で「これって逆に輸入したら儲かるんじゃね!?」と考え輸入について調べまくりました。

これが輸入ビジネスと出会いです

 

【輸入ビジネス】2017年1月~売り上げまとめ

 

無難に月125万の利益到達。

でも...ぜっっっっっっっんぜん稼ぎ足りない。

Posted by jin