若手起業家の食えない実態!アルバイトランキング1~5位

 

起業...

それは組織に属さず自ら業を起こすこと。

起業には夢があり25歳前後で成功している若者起業家もいて、ベンツを乗り回したりロレックスを買い漁ったり、毎日のように綺麗な女を抱いている人たちもいます。

まあ・・・私のような弱小輸入ビジネスプレイヤーでは上記のような生活は到底無理な話です。

今や輸入ビジネス一本で生活出来ていますが決して裕福な生活ではありません。同年代サラリーマンと同等もしくはちょい上って感じです。

大体の起業家ってそんなもんなんです。多分

関連記事:2017年売り上げまとめ

 

若者起業家アルバイト三昧の現実

私のように何も才能や経験もない人はどうリスクを避け、最悪のことを考え行動することを徹底出来るか、そして無力な自分なりに深く調べ正確な知識を身に付けることだけが生き残る道なんだ。

関連記事:資金0円から始めた輸入ビジネス投資。大切なことは「最悪」を想定しろ。

 

ちょうど一年前かな。

当時は起業したてで右も左もわかりませんでした。

もちろん輸入ビジネスだけでは食えていなかったので手取り10万前後アルバイト三昧の日々。

夜22時から朝8時までバイトをして朝9時から夕方4時まで輸入ビジネスのリサーチや納品を行い少し寝て22時出勤というフローでした。

ビジネスの傍ら様々なバイトを経験しましたので、ビジネスと並行して出来るアルバイトをご紹介します。

もはやバイトしてる時点で起業家どうかも怪しいですが許してね(笑)

 

5位 警備員

派遣会社に登録して行う仕事です。時給は比較的高くて良さげですが始めるまでに手続きやテスト、健康診断など無駄に時間を浪費してしまいます。

また警備って言っても意外と体を動かしていないので心身共に異常な程疲弊します。

 

4位 引っ越し

時給はあまり良くありません。

また引っ越しのバイトは毎日終了時間が伸びるのでビジネスでの段取りが悪くなります。即金必要でなければおすすめしません。

 

3位 深夜バイト

時給はかなり良いですが生活が逆転してしまいます。最初の頃はイケそうですが昼夜逆転はボディーブローのようにじわじわ効いてきます。

 

2位 居酒屋

居酒屋はチェーン店ではなく個人経営のバイト数10人以上のところでしたらかなり良いバイト先です。

夕方からの短時間バイトなことから日数が多くなりますので交通費支給も必須条件。

個人経営でしたら融通が利きますし、無茶な仕事はないと思います。

 

1位 レストラン(条件付き)

例えばホテルに併設されているなどの朝早くから夜遅くまでやっているレストランでしたらバイト時間が圧倒的に調整しやすいです。

自分でビジネスに充てる時間、バイトの時間、休息の時間、などタイムマネジメントがしやすいです。

時給も悪くはないのでビジネスと並行してするバイトなら朝から晩までやっているレストランをお勧めします。

 

最後に

まずはビジネスに充てる時間が確実に取れるバイトを選ぶようにしてください。

人間は弱い生き物ですのでバイトが終わった後、辛い時ややる気が出ないときは明日に先延ばししてしまいます。

それでは完全に目的を見失っていますよね。

あなたの目的は

「ビジネスでの金儲け」

なんです。

目的を見失ってはただのフリーターになってしまいます。

私は1週間の終わりに自分の目的をノートに書き、常に言い聞かせていました。そこまでしないと結局はアルバイトで良いやとなったり、ビジネスを放棄したり本末転倒になってしまいます。

 

「責任はすべて自分」

「成果はすべて自分」

これ起業家の当たり前。

 

また見に来てくれる人はポチッと。

もう見に来ない人は

さようならバイバイヾ(・ω・ )…

 

Posted by jin