月利を手っ取り早く伸ばすための3つのポイント

この記事を見ている人は個人事業をしている人やこれから独立目指している人が大半だと考えます。

「手っ取り早く」というフレーズをタイトルに組み込んでいるにも関わらず矛盾していると思われるかもしれませんがビジネスというものはこつこつ堅実に継続したものが勝ちます

ここでいう手っ取り早くってのは誰でも実践できるという意味で段階を踏まず駆け上がる意味ではないこと承知の上読み進めてくださいまし。<(_ _)>

 

①根拠のない自信からシフトしていく

根拠のない自信というものは一度は聞いたことがあると思います。

実際、今駆け出しで開業届を1か月前に出しましたという人は根拠のない自信の塊だと思います。稼げるかどうかも分からない状態でも挑戦してみようと奮い立ったんですから。

すなわちあなたを奮い立たせたのは「根拠のない自信」です。

私もそうでしたし大手企業の社長さんも始めはきっと同じだったでしょう。

しかしきっかけはそれで十分かもしれませんが、月利を伸ばしていくためにはそれだけでは弱すぎます。「根拠」を持たせてビジネスを加速させていかなければなりません。

 

では根拠を自分に持たせるにはどうすればいいのか。

⑴挑戦を繰り返し猛省する

⑵自分を緻密に分析する

 

分かりやすいように受験生で例え話を挙げてみます。

「試験前にあれだけ勉強したんだ、きっと大丈夫だ」

これは根拠のない自信です。

今まで模擬試験など挑戦していない事で勉強量が自分基準になってます。また全体的な自分の位置さえも把握しておりません。

 

「1年前は60点、半年前は80点、昨日は95点と点数を伸ばしている。半年前の模擬試験は体調が悪かったにも関わらず80点取れたんだ。万全の今日は半年前の結果以下を出すわけがない。」

これが明確な根拠がある自信です。

点数を分析し合格ラインまでの距離を確かめながら推し進め、自分の体調までもしっかりと管理していることにより強固な自信となります。

 

⑴挑戦を繰り返し猛省するは特に大切です。失敗したときにだけ反省するのではなく成功した場合も「何故成功したのか?」と思慮する必要があります。

 

②在庫調整も注力する

在庫を持つビジネスだけに関係する内容です。そもそもビジネス体系が違う人は③に進んでください。

在庫を持つビジネスでは数字管理が心臓部だと考えております。

数字管理の中で月利を伸ばすために直結するのは在庫金額の調整なので在庫調整”も”と敢えて明記しました。

「Q.あなたは今月の月初在庫を答えれますか?」

答えれなけらばすぐに月初在庫を計算し回転率を可視化し健全な経営か判断する必要があります。在庫調整は右心室です。つまり心臓の半分を担っているんですよ。

健全な経営をしていればつまずかずにビジネスは進んでいきます。つまずかないことこそが最短で月利を伸ばす方法です。

当たり前ですが意外と出来ていないんですよこれが。

 

③公言する

個人ビジネスを加速させるには最大の方法です。

今すぐSNSやブログなどを始め目標を公言するべきです。

人は世間体で生きていますし、プライドがない人なんていません。公言しているにも関わらず未達成で恥をかくことは誰でも嫌ですよね。じゃあ結果を出すしか方法はありません。

もし未達成の場合でも公言しない人よりは確実に伸び率は良いです。

ココで重要なのが現実味のある目標を公言するです。

そしてしこしこと目標に向かって邁進するんです。

 

最後に

私は輸入ビジネスで20歳の時起業しました。

こちらの記事で目標も公言しておりその期限がいよいよ今月です。

正直達成できるか1週間終了時点で微妙なところですが宜しければTwitterで常時更新していますんで見に来てくだちい(*´ω`)っ

また見に来てくれる人はポチッと。

 

もう見に来ない人は

さようならバイバイヾ(・ω・ )…

 

Posted by jin