Amazon欧米輸入でまずは結果を出せ。

「最近投稿少なくなったね」

「最近辛口吐かなくなったね」

と周りの方から言われますが、正直辛口や炎上でのブランディングなんて一切考えていないんで。ただただ忙しくて投稿頻度が落ちただけですww

1円の収益も発生しないこのブログの投稿は優先順位は常に最下位ですから。

さて今回は「結果」について持論を展開していきますが、勝手にブログ読んでるくせに勝手に怒る人は読まなくていいよ(笑)

少し長いんで承知おねます!!

ビジネスに対する持論

あなたは成功するためには何が必要と思いますか?

お金?信用?人脈?身体?

正解は・・・・・

 

勝った人の意見が全て正解」です。

 

私自身Twitter、Facebook、ブログで人脈作りに精を出している若者、集客のため現ナマや高級車を見せびらかす自己顕示欲の塊人間を否定はしません。

勝てばその人がやっていることは全て正しいのです。

何事も勝たなければ意味がありません。

何かを挑戦したことで得た経験や知識には価値がありません。勝つことでその過程が正解だと証明でき、逆を言うと負けた人の過程は無価値でゴミ同然なのです。

「挑戦したことに意味がある」なんて水臭いことは言わんときましょ。

極論、勝ちに拘らない人は勝負の世界に足を踏み入れるべきではない。ビジネスとは勝つか負けるかの戦争です。

本当に一企業としてAmazon欧米輸入ビジネスを行っていく目標があるならば月利10万でも20万でも生半可な共存を目指し物販を行うべきではありません。

勝つか負けるかです。

「リスク無く稼げる」なんて本当にビジネスと真摯に向き合っている人ならば口が裂けても言えません。表裏一体のリスクや駆け引きでお金が発生していることを理解している人に対して失礼極まりないことですから。

「リスク無く稼げる」と豪語している人は詐欺師、若しくは生粋の馬鹿です。

 

勝負事は全て戦争と思え

勝ちに拘り始めたのは小学生の頃。

バスケの練習も小学生ながら大人の名誉のため「全国大会優勝」を目標に掲げ死ぬほど厳しい練習に励みました。指導者からは口酸っぱく「勝ちに拘れ」とはっぱをかけられてた。もし負ければ今までの努力は水泡に帰す。次の試合に出場出来ず、戦う土俵にすら立たせてもらえない。

結果的には全国大会準優勝で終わり、今までやってきた練習は精々全国2位レベルの練習だったということです。あれだけ厳しい練習をしてきて全国1位の結果が出せなかったことは、人生3年間無駄に過ごしたなあと思います。

人生初めて挫折、劣等感に苛まれたのは中学初めての中間試験。成績は110位/約180名。

部活も退部になって何もすることが無かったので唯一勉強が面白く感じ、理数中心にハマっていきました。

中学卒業するときは最高7位/約180名。

エスカレーター式で高校に上がって部活再開してからも勉強し続け校内平均15~20位/約500名を維持。ある程度は結果が出てましたが、中高6年間一度も1位になれなかったことは、努力のベクトルが少し違ってたのかなって後悔しています。

20歳の時に一念発起したビジネスと真摯に向き合い成果を出すことに拘り続けているのは、また結果が出ず後悔したくないからです

現時点でビジネスの土俵にすら立っているとは思っていません。

20代で年間経常利益8億を達成して株式公開、その時土俵に上がれグローバルに戦うことが出来ます。別に無理な指標だと思っていませんし、僕にしてはかなり控えめの謙遜した数字設定です。

「勝たなければ意味がない」

勝つことで意味を確信し、勝つことで道が開きます。

 

リスク無く稼げる手法⁉そんなのアルパカ⁉

応援おなしゃ。