21歳2カ月で日本政策金融公庫から融資を受けれた理由

 

 

まず私が日本政策金融公庫から融資を受けるまでの流れを記します。

 

2017/4/11

融資を受けたいと公庫に電話。

推薦はあるか?と聞かれ、ここで初めて推薦の存在を知る。

商工会議所からの推薦があると有利だとのこと。

すぐに商工会議所に電話すると中小企業診断士から経営状態の診断と融資についてのアドバイスをもらうようにと言われる

 

2017/4/18

中小企業診断士の方にアポを取り現状を報告。

融資のための書類の書き方どのポイントを推すべきかを細かく教えてもらった。

 

2017/4/21

商工会議所の方と会い融資について相談。ラフな感じで終わる。

 

2017/4/27

午前中に推薦書をもらいに商工会に寄り

スタバのダークモカフラペチーノを飲みながら会議所の方と談笑。10時に公庫へ向かった。

公庫では2人の関係者の前で自分の事業内容や返済能力など細かくプレゼン。30分程度。

 

2017/5/29

融資決定の電話。

書類が送られてきて本社に郵送すれば入金とのこと。

3日後無事入金確認。

 

 

まあざっくりこのような流れで融資を受けました。

 

 

ここからが本題です。

 

私が融資を受けれた理由は3つあります。

 

1 中小企業診断士に会う

 

最寄りの商工会議所に電話すれば無料で相談の場を設けてくれます。

ビビらず一度話を聞いてみると融資に役立ちますよ。

 

2 推薦をもらう

 

商工会議所をフルに活用しましょう。

上辺だけでも仲良くなることも大事です。そして思いっきり頼る姿勢を示しましょう。

推薦があるとないとでは成功確率も変わってきます。

 

3 念入りに書類作成

 

融資とは最寄りの公庫の方に自分がプレゼンして

その公庫の方が本社のお偉いさんにプレゼン内容を報告して可否が決まります。

なのでプレゼン内容がすべてです。

私はキャッシュの流れや取引先の情報

さらにこれからの予想される売り上げと利益を半年先まで根拠を踏まえ作成しました。

その他10枚ほど用意しました。

融資決定までのキモは念入りに書類は作成することです。

 

 

最後に

融資の可否に面談時の服装は関係なし。

私はスーツが大っ嫌いなので勿論私服で行きました。

ロングデニムコートとスキニーというかなりカジュアルな恰好でしたが融資は受かりました。

要はラフな感じでもOK。融資はお堅い感じがありますが全然そんな感じではなさそうです。

 

常識的にどうなの…とか突っかかってくるキモイ大人もいますがフル無視でOKです(☝ ՞ਊ ՞)☝

 

リスクヘッジのためにも月100万売り上げてる人であるなら融資を受けるべきですね

 

融資は意外と敷居が低いです。思い立ったが吉日。

 

 


輸入・輸出ビジネスランキング