富士山に登った感想とビジネスを無理やり繋げると….

18歳の時

富士山に登ったことがあります。

15kgの装備とともに(笑)

 

 

防衛大学の訓練で富士山登頂が

ありました。

1週間にわたり富士山麓で訓練をし

最終日に登山でした。

15kgの装備と

食料と水分を制限されているなかでの

挑戦です。

 

7合目くらいから高山病で

リタイア組もいました。

水分がないとかかりやすいんです。

あと前日寝ていないのも響いていました。

 

無事登頂したのは7割ぐらい。

そこでウイダーを飲み写真を撮って

すぐに下山。

楽しむもなにもないです(笑)

休憩させたくない教官の意思が

伝わってきてました。

 

ちなみにこの教官は私の強制退学に

最後まで反対してくれていた人です。

 

下山は登山に比べ楽勝でしたね。

顔が砂で真っ黒になり

無事下山しました。

 

 

私のいま実践している

輸入ビジネスは

この登山に繋がるところがあります。

 

 

①装備(家庭)があるかないか

装備(家庭)があればない人に比べて

肉体的(精神的)にキツです。

家族分の生活費も

捻出しなければならない。

一人暮らしだったら

自分が我慢すれば何とかなりますしね。

 

②ステージごとに壁がある

~7合目までは終わりが見えない

精神的疲労があります。

7合目~は高山病が襲ってきます。

頂上近くでは肌を刺すような寒さです。

 

輸入ビジネスでは

~利益10万まではリサーチに苦しむ。

利益10万~は派生や交渉に苦しむ。

などそれぞれのステージで壁が現れます。

(利益37万が最高なんでそれ以降はまだ語れません)

 

③下山は楽勝

下山は簡単です。

何事も逃げたりやめることなんて

簡単なんです。

 

 

 

どうですか?

無理やりすぎですかね?(笑)

 

 

アマゾン輸入ビジネス山では

私は現在2合目ですかね。

 

しっかり足を踏み外さないように

登っていきます。

 

 


輸入・輸出ビジネスランキング

考え方

Posted by jin