アマゾン輸入ビジネスのリサーチにありがちなミス

まず宝くじを買って削るまでの

感情を思い出してください。

 

 

思い出しましたか??

 

なぜか当たったと仮定して

その後の貯金や投資

など使い道まで

考えちゃいますよね。

 

 

心理学上

人は自分の選択した

物事に対して

勝手に過大評価しちゃうんです。

 

 

今日はこれを

アマゾン輸入ビジネスに

繋げて考えてみました。

 

これは月利100万に

到達してない人向けです。

自戒を込めての記事になります。

 

 

 

ほとんどの人はリサーチするとき

「モノレート」で

まず月間販売個数を予測しますよね。

そしてモノレートユーザーの統計から

参入してくるライバルを考慮しながら

仕入れ個数を決めます。

(ツールで仕入れていない場合)

 

 

ここでROI100%超

絶好のカモ商品に

遭遇したとします。

 

 

1週間に1つはありますよね(笑)

 

 

販売開始約2カ月で値落ちなし

現ライバル数1人在庫2つで

月に5つ売れているとします。

 

普通に考えると

2つ、3つの仕入れですよね。

5÷(現出品者+1)=2.5

 

 

また4つ仕入れようと

考える人もいると思います。

 

利益率がそんなに高いんだから

値下げすれば需要高まるし

最悪20%で売り切るよ!

 

と考えての判断だと思います。

 

ここがミスなんです。

 

需要高まるとなぜわかる?

最低20%で売り切る?

 

これこそ商品と自分を

過大評価してしまっているんです。

 

あなたの見つけたカモ商品は

みんな同じ時期に見つけています。

ましてや外注やツールを使っているひとは

あなたより先に見つけています。

 

 

自分だけがすごい商品を見つけた

なんて思って4つ仕入れて

納品してみると

供給増加でカート取れず

価格がじりじり下がっていく。

需要も思った以上に増えないから

どんどん値段が落ちていき

ついに利益がマイナスに…

 

なんて初心者にありがちなミスです

 

良い商品見つけたときは

過大評価しすぎないよう

気を付けてください。

 

 

 

私が考える初心者のラインは

月利0~100万です。

 

早く初心者を脱したいです(笑)

 

 

 


輸入・輸出ビジネスランキング