悩んでいる人に手を差し伸べることは簡単ではない

今年3月に

メーカーさんと

継続的にロットで買う

という条件で取引を開始しました。

 

しかし荷物が到着するまでの間に

米アマゾン仕入れが思った以上に

参入してきました。

仕入れ値ではもちろん勝っているのですが

なんせ20人もの参入者ですので

売れ行きが全く見当違いでした。

小売りが利益が出ない値段まで下げても

損切に来る人たちばかりで

売れないっちゃありゃしない。

 

メーカーに現状を報告して

リピートは先延ばしになると伝えました。

 

ハア(´`)=3

完全に今後の取引はダメだと確信。

 

 

2日後メーカーさんから

1通のメールが届きました。

 

「チームで改善策を考えたよ。

付属品を付けてセットで

売れば良いんじゃない?

それ(付属品)は無料で送るから!

日本人に売っているのはあなただけだし

今後も日本で販売したいと思っているので

何か出来ることがあれば遠慮なく言って」

との内容。

 

売れなくて悩んでるときに

手を差し伸べてくれました。

 

すごく嬉しかったです。

 

さらにアマゾン出品用の写真も

めちゃくちゃ綺麗に撮ってくれました。

 

今では小売りは参入できない価格と

付属品による差別化で

独占出来ています。

 

 

 

始めて2カ月目で資金もなく

回収の不安に押しつぶされそうでしたが

メーカーさんに救ってもらいました。

 

 

こんな弱小バイヤーに

親身になって改善策を練ってくれるなんて

とても信頼のできる会社です。

 

これからも末永く取引を続けていきたいと

思います。

 

 

 


輸入・輸出ビジネスランキング