人生でお金が一番大切である理由とは?

突然ですが人生で一番大切なものは何ですか?

人との出会い、深い愛情、信頼できる存在、お金など

様々な考えがあると思います。

お金では買えないものもたくさん存在します。

 

しかし結局は人生で一番大事なのはお金なんです。

 

嫌儲文化の日本

日本人は儲けることを嫌います。

必要以上のお金を稼いでいることに対し下品であると主張する。

これ自体おかしな文化です。

 

資本主義だぜ!?

お金がある人ほど優遇される時代。

実際にスイートルームやグリーン車があることで

資本主義であることは明白です。

ぶっちゃけ、この世の中お金があれば何でも解決できるのです。

 

心地悪い部屋→お金を払い心地いい部屋にする

大きな病気→お金を払い手術してもらう

暇だな→お金を払い旅行に行く

 

このようにお金は自分の欲求を満たし

自己実現を達成するために必要不可欠なのです。

 

心のゆとり

これは皆さんも体験したことあるんじゃないですかね。

人間、お金がない時は心が荒みます。

困窮のため人のことなんか考えれないからです。

自分で精一杯なのに

他の人への「温かみ」や「信頼」など

考えられるはずないんです。

 

対してお金がある人は心に余裕ができます

お金に対しての心配がなくなったので

人のことに目を向けることが出来るからです。

 

 

例に出すとするなら

飛行機出発遅延時の客の反応ですね。

一般ラウンジとファーストクラスラウンジの客では雲泥の差です

一般ラウンジにいるおじさんたちは

まるで職員がサンドバックであるかのように罵声を浴びせる。

一方、経済的にも時間的にもゆとりのあるファーストクラスラウンジの客は

まずは職員を労い、「仕方ないね、次の便で頼むよ」と一言。

 

お金の力はスゴイです。

 

最後に

お金を稼ぐことは「悪」ではありません。

楽に儲けることも「悪」ではありません。

なぜならそのビジネスに需要があるので

お金が発生しているわけですから。

 

「汗水垂らしてお金を稼げ」

こんな考えは弥生時代で終わってます。

 

日本独特の奇妙な文化に左右されては

幸福が遠ざかっていくのは必至です。

自己実現に向かい幸せな人生を送りたいと思うなら

誰が何を言おうともお金を稼ぐことに注力するべきです。

 

ただお金はとても怖い面もありますので

そこを理解しなければ本末転倒です

お金を稼いでいるのに堕ちていく人もたくさんいます。

自分自身をしっかりと管理しなければ

本当の幸福は手に入らないようです。

 

 

「人生はお金だ」

その先に人それぞれの幸福の選択がある。

まずは稼げ。