3時間で完成!輸入ビジネスで差別化できる日本語説明書を作ろう!

Amazon輸入事業に限らずビジネスでは様々な差別化を図り生き残っていく術を常に模索しなければなりません。

 

Amazon輸入ビジネスでの差別化は

・メーカー仕切値

・独自物流

・日本語説明書

この3つが代表的で誰でも即実行可能なものばかりです。

今回は「日本語説明書を付属する差別化」について記事にしていきます。

 

日本語説明書とは

日本人とは金払っている客が神様と勘違いしている奇妙な人種です。日本語説明書なんて同梱していて当たり前と思っている人がいるのも事実。

海外製品を扱う私たちは販売するだけなのであまり実感はありませんが、購入者の立場になって考えると「日本語説明書付」はかなり魅力的な文言だと理解できます。

またライバルセラーが参入しにくくなるのもメリットです。「参入しにくくなる」であって「参入を完全に阻止する」訳ではありません。

 

事実を述べるとAmazonの規約上「日本語説明書付」と商品名に明記しても、説明書がないセラーでも販売可能なんですよ。無知な初心者がこれを知らず参入できないと判断してくれれば半年はブルーオーシャンに浸かれます。

 

無知はカモ(☝ ՞ਊ ՞)☝

 

日本語説明書の簡単な作り方

日本語説明書の作成方法は3つあります。

 

①業者さんに頼む

マニュアル作成代行サービス株式会社シーブレインなどです。私も初めは見積もり出してもらったりしてみたんですが、ちょーーーーーーー高額です。

 

②自分で作る

自力で翻訳して自分で打ち込んでコピーしホッチキスで留める。かなり重労働ですし英語が多少できなければまず無理です。

私は一回自分で作成しましたが8時間ほどかかりました。もうしたくありません(笑)

 

③作成を外注する

これは①と違い個人に作成を頼む形になります。ランサーズなどの外注サイトに登録し作成を代行してもらいます。

 

私は時間をかけず安く作成できる③を断然お勧めします。

「ランサーズ」とは2008年にオープンした国内初のクラウドソーシングサービスです。

まず間違いなくランサーズに登録し適切な募集をかけると、3日以内に必ず最低一人はやりたいという方が現れます。

ここでポイントですが細分化してお仕事を依頼すると費用がもっと抑えれますし効率も良くなります。「翻訳」「打ち込み作成」と分けて募集をかけてください。

ランサーズなどの外注サイトの日本語説明書作成の相場は2500円です。先述の通り2つに作業に分け募集をすると1500円+500円がそれぞれの相場なのでより安く依頼できます。仕事が一つなら働き手の人も一気に済ませてくれるので時間も短縮できます。

たった500円程の圧縮ですが10回20回依頼するとなるとかなりの削減になってますよ。

 

ランサーズで仕事を依頼し英文を送り翻訳したものを返信してもらうのは所要時間2時間、説明書なので見やすく段落を決めたり枠組みをつけ足したり自然な日本語に添削したりしてもらうのに1時間。

たった3時間で自分は何もせずとも日本語説明書が手に入りました。

ランサーズを利用しちゃえばこんな簡単に安く、迅速に作成出来ちゃうんです。

 

 

最後に

どうです?自分が思ってたより日本語説明書作成は敷居低かったでしょう?まずはトライしてみることが大事ですよ。

周知だと思いますが日本語説明書を付属して販売するときは必ず商品名ではなくコンディション欄に明記するようにしてくださいね。下手したらアカウント飛んじゃいますので(笑)

 

また見に来てくれる人はポチッと。

もう見に来ない人は

さようならバイバイヾ(・ω・ )…

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

Posted by jin